子どもと電車でお出かけ♪【電車で静かに楽しくすごせる遊び】2つ♡

子どもたちとのお出かけが増える夏休みは、子どもと電車に乗る機会も増えますよね。

でも、電車に乗ったとたんに「あとどれぐらいで着くの?」「まだ~?」と言われたり、時間が長くなると騒ぎはじめたり…。親にとってはヒヤヒヤ、ドギマギ(><)

子どもにとっても、退屈だし静かにしないといけないし…(><)

そこで今回は、実際に子どもたちにウケがよくてあっという間に時間がたった【電車で静かに楽しくすごせる遊び】を2つご紹介したいと思います!(ちなみにうちの子どもたちは7歳と5歳なので、同じぐらいの年頃のお子さんはとくに楽しめると思います^^)

※どの遊びも、はじめる前に、「周りの人の迷惑にならないように、できるだけ静かにやろうね♪」とうながしておくといいです(^_^)

自然と大人も夢中になる!「足を動かさないゲーム」

この遊びは、あまり混んでいない車両がオススメです。「座る場所は空いていないけど、立っている人はそんなにいない」というときにぴったり☆

子どもたちの「あ~座りたかったのに座れなかった~」という気持ちを上げてくれます 笑

ゲームのやり方

  1. それぞれが、自分が安定して立ちやすい姿勢をみつけて立つ。
  2. 電車が出発したら、ゲームスタート!
  3. 電車の揺れなどに合わせて体を動かすなどして、電車の床から足が動かないように耐える!
  4. 次の駅に到着するまで、足が動かなかった人の勝ち♪

注意!

  • こけそうになった時のために、周りにすぐつかまれる場所を探しておきましょう!(ドア横の持ち手や、座席横のバー、つり革など)
  • 誰かがこけそうになったときは、すぐに周りの人が支えてあげましょう!

くれぐれもお怪我のないようにご注意ください(><)耐えすぎ注意です!

このゲームの楽しいところ

安定して立ちやすい姿勢を考えるのが楽しいです♪

  • 「進行方向に向けて、これくらいの角度で立つといいのか~」
  • 「足をひらく幅や角度はこれぐらいがいいのか~」
  • 「電車が曲がるときは、あらかじめこっちに体重をかけておくと安定するな~」
  • 「こけやすい側と反対の方に荷物を持っておこう」

といったように、新しい駅に着くたびに、どんどんスキルアップしていくのが楽しいですよ (≧∀≦)

子どもたちだけでも楽しんでくれる!「踏切の数をかぞえるゲーム」

この遊びは、ドア前や座席など、窓から外を眺められる場所にいるときがオススメです。

ゲームのやり方

ゲームのやり方はいたってシンプル。「次の駅までの踏切の数をかぞえるだけ」・・・です 笑

それにもかかわらず、「次の駅までは何個あるかな~?さっきより多いかな~?」とけっこう楽しんでくれます♪

このゲームの楽しいところ

踏切の高さが目線と同じぐらいだったり低かったり、踏切の大きさがけっこう大きめだと思ったら次の踏切はものすごーく小さかったり…

ひとことで踏切といっても本当にいろいろな踏切があるので、それが飽きないで楽しめる理由の1つかも!

あと、踏切から踏切までの間隔もさまざまで、

連続して「1,2,3…」ってなるときもあれば、ゆっくり「いーち、にー…」ってなるときもあって、リズムが一定じゃないところも楽しいです^^

とくに踏切が全然なくて「もうないのかな~」と思ったときに、パッ!と現れるとすごく嬉しくなりますよ(≧∀≦)

さいごに

子どもを連れての電車移動は、親は周りに気をつかうし、子どもは静かにじっと過ごさなければならないし、親子ともに精神的に疲れてしまいがち。

でも電車での移動時間も、楽しいお出かけの一部!

なので親も子どもも周りの人たちもできるだけストレスフリーに過ごせないかと考えて、この記事を書きました♡

楽しいお出かけになりますように…♡