【子どもの食事】大人用の椅子はいつから使う?

最近、部屋の模様替えをしていて、ふと出てきた小さな疑問…。

「テーブルの大人用のイスっていつから使うんだろう?」

そこで今回は、

  • 今使っているキッズチェアのメリット・デメリット
  • 実際みんなどんな椅子でお食事してるの?

などについて書いてみたいと思います。

今使っているのは、子どもから大人まで使えるタイプのキッズチェア

今使っているのは、数年前に流行した(今もまだ人気かも!)、座面と足を置く面の高さがそれぞれ細かく調節できるタイプのキッズチェア(上の写真)です。

足がぶらぶらにならずに安定するため、良い姿勢で座れるというもの。また、足を置く面を外せば、大人になっても使えます。

「大人まで」、そして「良い姿勢で」というところに惹かれ、離乳食の時期に購入したのですが、

いすの脚に小指をぶつけたり、つまづいたり…。何度悶絶したことか…(笑)それに、省スペースタイプとはいえ、やっぱり普通のいすよりは場所を取るし…。

それでも子どもたちが小さいうちはメリットの方が大きく感じ、ずっと使ってきました。

みんなお食事のとき、どんな椅子に座っているのか調べてみました

「やっぱりまだキッズチェア?それとももう大人用の椅子?」

「大人用の椅子はいつから?」

さっそくお友だちに聞いてみたり、ネットで調べたりしてみました!

その結果、やはり家庭によって本当にさまざまなようです。

1歳半頃から大人用の椅子という方もいれば、小学校に入ってもキッズチェアという方も。

ただなんとなく、幼稚園の年長さんになると、大人用の椅子に座っている場合が多い!?

今回調べてみて個人的には、そんな印象を受けました。

また、早い時期から大人用の椅子に座っている場合には、座面を高くするために、分厚いシートクッションを敷いている方が多いようです。

そういえば、椅子に固定できるタイプのお食事クッション、通販サイトなどでよく見かけるような気がします!足がぶらぶら状態になってしまう問題は残りますが、座面の高さに関しては、工夫次第でなんとかなりそう♪

ベンチにシートクッションで試してみることに

しばらくはお試しで、テーブルのベンチに分厚いシートクッションを敷いてみることにしました!(我が家のテーブルセットは大人用の椅子2脚+ベンチというタイプ。)

普通の大人用の椅子も考えましたが、ベンチタイプの方が登りやすいし、よろけても安心かなあと。あと、並んでお食事するとなんだか楽しそう!という理由もあります(笑)背もたれがないので、そこが少し気にかかるところですが…;

とりあえず丸2日間、その状態でお食事してみましたが、今のところ問題はなさそうです♪

そして、キッズチェアをなくしてみると、食卓がかなりスッキリしました☆できればこのまま問題なければいいなあ~。

さいごに

今回は、子どもの食事のときの椅子について考えましたが、これからも子どもの成長に合わせて、見直すところが色々出てくるんでしょうね~!

その時期その時期に合わせて臨機応変に、親子ともにより暮らしやすい環境を作っていけたらいいなあと思います♪